韓国と日本メディアコマースの共存・発展に向けたMOUを締結!韓日メディアコマースショウ1日目レポート

韓国と日本メディアコマースの共存・発展に向けたMOUを締結!韓日メディアコマースショウ1日目レポート

皆さん「ライブコマース」ってご存知ですか?

タレントやインフルエンサーがライブ動画を配信し、視聴者がリアルタイムに質問やコメントをしながら商品を購入できるという、近年注目を集めている新しいeコマースの手法です。

中国をはじめ、海外で大きな市場を形成しているなか、日本でもライブコマース市場を活性化するため2018年に「ライブコマース推進委員会」が結成されました。同年7月と12月にライブコマース市場を牽引する企業が集まり、ライブコマースの実例や最新動向のレクチャー、意見交換をする場として「Live Commerce Show 2018」を開催。会場が満席になるほど盛り上がるカンファレンスとなりました。

▽「ライブコマース推進委員会」の活動についてはこちら
https://livecs.jp/

この度、5/16(木)・5/17(金)の2日間にわたり開催された韓国最大のメディアコマース※1のカンファレンスに、ライブコマース推進委員会が共催で参加しました。

5/16(木)は、韓日の推進委員会代表によるMOU締結式を。
5/17(金)は、韓国・中国・日本のライブコマース関連企業が登壇するフォーラムを開催。

▽「韓日メディアコマースショウ2019」のサイトはこちらhttp://legacy.inews24.com/mcs/2019/
※韓国語のため翻訳してご覧ください

2日間開催された「韓日メディアコマースショウ2019」の様子をお届けします。

■「韓日メディアコマースショウ2019」1日目
MOU締結の調印式とライブコマース関連企業とのネットワーキングデイ
P5160395

調印式は、韓国ソウルにあるHOTEL PRIMA内のホールで開催されました。

P5160413

アイニュース24 代表取締役 イ・チャンホ(이창호)様
アイニュース24 代表取締役 イ・チャンホ(이창호)様

はじめに、アイニュース24 代表取締役のイ・チャンホさんから歓迎のお言葉をいただきました。
韓国・中国・日本では、ライブコマースが新しい商品購買の手法として注目し始めています。この3カ国のライブコマース最新動向を中心に、様々な事例や戦略などを議論する場を用意し、今後もライブコマース市場を育てていきたいとお話をされました。

ライブコマース推進委員会 会長 長尾 純平様
ライブコマース推進委員会 会長 長尾 純平様

ライブコマース推進委員会 会長の長尾さんの祝辞では、アイニュース24社をはじめ社団法人韓国MCN協会、日本ライブコマース推進委員会、日本ライブコマース&コミュニケーションラボの4社にて韓国・日本のライブコマースの発展を目指したMOU締結式を迎えられることに対する感謝の気持ちと、“ライブコマースという新しい文化の礎を築いていくチャレンジをしている同志と海を越えて交流・友好を結べることに大いなる希望と期待、喜びを感じている”とお話をされました。
この度のMOU締結をきっかけに、韓国と日本、双方の今後のビジネスの発展・文化が形成されていくことへの期待感が伝わってきました。

日本ライブコマース&コミュニケーションラボ 代表アドバイザー 李赫様
日本ライブコマース&コミュニケーションラボ 代表アドバイザー 李赫様

日本ライブコマース&コミュニケーションラボ 代表アドバイザーの李さんより、日本のライブコマース推進委員会についてご紹介いただきました。
2018年に日本で2回開催したカンファレンスでは来場者から良い反応を見ることができ、日本でもライブコマースのムーブメントが起きるのではないかと実感したと話します。ライブコマース推進委員会には日本でライブコマースという新しい市場を開拓していく役割があり、今後も市場を拡大していけるよう活動していく考えであるとお話。また、今年は韓国と一緒に開催することができたので、来年は韓国と日本、そして中国の3ヶ国を交えて実施したいとお話をされました。

社団法人韓国MCN協会 会長 パク・ソンジョ(박성조)様
社団法人韓国MCN協会 会長 パク・ソンジョ(박성조)様

社団法人韓国MCN協会の会長でありGlance TVの代表理事を務めるパク・ソンジョさんが、韓国のライブコマース市場についてお話をされました。
消費者は価値ある商品を見つけ、インフルエンサーやクリエイターが使ったものを自分も使いたい・経験したいと考えているため、インフルエンサーやクリエイターは“商品の価格”よりも“商品の価値”をいかに正しく伝えるかに注目し、研究を繰り返す必要がある。また、ライブコマースで配信する“コンテンツの価値”にも注目すべきで、そこにファンを作る秘訣があるのではないかと考える。と、お話をされました。
韓国と日本、国は違っても「ライブコマース」の本質は共通する部分が多いことを感じました。

■韓日メディアコマース共存・発展に向けたMOU締結式

P5160493

P5160499

P5160503

社団法人韓国MCN協会 パク・ソンジョさん、アイニュース24 イ・チャンホさん、日本ライブコマース推進委員会 長尾さん、日本ライブコマース&コミュニケーションラボ 李さんで、韓日メディアコマース共存・発展に向けたMOUを締結しました。

■韓国のライブコマース関連企業とネットワーキング

調印式の後はライブコマースに関するビジネスを行っている企業やライブコマースのビジネス展開に関心を持っている企業の皆様と懇親会を行いました。

P5160521

P5160527

P5160533

懇親会では、韓国の企業の方々から
・韓国のサービスを日本に持っていったらうまくいくのか。
・このサービスと類似のサービスは日本にあるのか。
・この商品を取り扱っているライブコマースのサービスはあるのか。
など、日本のマーケットに関する様々な質問を受けました。

P5160517

ライブコマース推進委員会のメンバーは海外での初めての国際交流に緊張しながらも、韓国の企業の皆様と交流することができました。

1日目を無事終え、2日目はいよいよライブコマース推進委員会加盟企業と、韓国、中国のライブコマース関連企業によるフォーラムの日です。

2日目のフォーラムの様子もレポートしていきます!

※1 韓国では「ライブコマース」のことを「メディアコマース」といいます。本記事では、イベント名称とMOU締結については「メディアコマース」。その他の箇所では「ライブコマース」と記載しています。