Facebookのリーチ数増加には「写真表示数」が影響している!?

Facebookのリーチ数増加には「写真表示数」が影響している!?

■はじめに

こんにちは!ブランドサイトやキャンペーンサイト、またInstagram、Facebook分析、解析を担当しているUXデザイン室の米田です。

今回はFacebookのリーチ数に着目した検証を実施したのでご紹介させていただきます。

Facebook運用担当の方々の投稿企画を行う際の参考にしていただければと思います。


 

■リーチ数が増加している投稿の共通点と仮説

昨年後半あたりからFacebook分析をしている中で、やたらとリーチ数が多い投稿があり、なんでリーチ数が高くなっているのだろうと疑問に思っていました。

そんな中、他のアカウントでも他の投稿とは明らかに桁が違うほどのリーチ数が多い投稿がチラホラあったことから、これらの投稿の他の指標を見たところ「写真表示数」もかなり高くなっていました。

これを見て、もしかしたら「『写真閲覧数』が高い投稿は『リーチ数』が高くなる」のではないか!!という気付きと仮説を立て、実際にそうなのか今回実際に検証してみました。

 

ブログ1

Facebookインサイト画面
赤枠の左下部分が「写真表示数」

 

《参考》「写真表示数」とは
投稿画像(以下赤枠部分)がクリックされたときに表示される写真表示数となります。
ブログ2_1

 


 

■検証

【検証内容】
・系統が異なる3アカウント
・動画投稿、キャンペーン投稿を除く

【結果】

ブログ3

「写真表示数」が平均より高い投稿と低い投稿で比較した結果、リーチ数に大きな差があることが分かりました。

今回確認した3アカウントは、アカウントごとにさまざまな特徴を持っていた点から、あるアカウントだけそう言えるということではないと考えています。


 

■結論として

・「写真表示数」が高い投稿は「リーチ数」も高くなる傾向にある

・「リーチ数」増加を狙う際には「写真表示数」を増やすために、「クリックしたくなるような画像になっているか」といった点に気を配ることが大切

みなさまも、自分が管理しているアカウントのリーチ数が増加している投稿を見ていくとヒントがあるかもしれませんので是非見てください!


 

D2C dot沖縄オフィスではWebアナリストを募集しています。
ご興味のある方、一緒に働きたい方はご連絡ください!
アナリスト:https://www.wantedly.com/projects/267288