ライブコマースの実例と今後の動向を発表!『ライブコマースショウ2018』レポート

ライブコマースの実例と今後の動向を発表!『ライブコマースショウ2018』レポート

こんにちは。D2C dot広報担当です!
先日7月13日(金)に弊社D2Cホールにて『ライブコマースショウ2018』を開催しました!

先んじて中国で盛り上がりを見せた「ライブコマース」。
視聴者がリアルタイムにコメントや質問をしながら商品が購入できる新しいEコマースの形として、近年日本でも注目を集めています。
この度、ライブコマースのリーディングカンパニーが集まり、実例をもとに最新動向を共有する日本で初めてのカンファレンスを開催することになり、弊社は会場提供という形でご一緒させていただきました!

『ライブコマースショウ2018』:https://livecs.jp/

IMG_3437

当日は、朝からライブコマース推進委員会の株式会社LockUPの方がいらっしゃり、会場設営を行いました!

IMG_3440

各社ブースの準備やイベントスタンドなどが立てられ、弊社のホールがどんどんイベント仕様に。
開始まで気持ちが高まります!

IMG_3490_1

そして、いよいよ『ライブコマースショウ2018』がスタート!

5D3_1804

オープニングでは本カンファレンスの会場スポンサーとして、弊社代表四栗のご挨拶の場をいただきました。

5D3_1799

弊社は「伝えたいコトを伝わるカタチに」を経営理念とし、企業・商品の特徴である「伝えたいコト」を最適な手法で生活者に「伝わるカタチ」にし、デジタルマーケティングをワンストップで提供する会社です。本イベントの趣旨である“様々な実例をベースにライブコマースの最新動向を発表し、みなさんと新しいビジネスモデルの模索・共有しあう”という想いに賛同し、企業と生活者の良好なコミュニケーション活動をサポートする企業として、日本でのライブコマース市場の発展に少しでも寄与するべく、この度会場スポンサーとして協力させていただきました。

5D3_1824

続いて、ライブコマース推進委員会の株式会社電通国際情報サービスの李様より中国でのライブコマース市場と今後の展望についてお話いただきました。

IMG_3483

中国では2016年にライブコマースが流行しましたが、そのライブコマースが普及した理由は、写真では伝わりきれないインタラクティブな会話による本物感やライバーの信頼感が生まれたから。単純に“物を買うのではなく、ライバーの信用を買う”というお話が印象的でした。また、日本において2018年はライブコマース勝負年、2019年はライブテック飛躍の年ということで今後のライブコマース市場への期待を感じながら『ライブコマースショウ2018』が幕を開けました!

 

■「ライブコマース事業がECに与える影響や可能性」
株式会社Candee 上席執行役員 鍛治良紀

5D3_1852

株式会社Candeeが運営する『Live Shop!』はライブ配信、商品の購入、ライブ中のコメントなどの基本機能はもちろん。ライブ中のアンケートやクイズ、商品の抽選販売、ライブ配信時間と共に金額が安くなっていく逆オークションを行えることが特徴です。

事例も『Live Shop!』の機能をフルに活用していて、
①まず『Live Shop!』の機能そのものを楽しめること
②演者や視聴者が楽しめるコンテンツを作るクリエイティブ力があること
③このライブ配信でしか購入できない商品の提供ができること
から、現在は商品を作りながらブランドを育てていくという取組みも行っているそうです。

 

■「ライブコマースとオークションの出会い」
株式会社FinShot マネージャー 木下明子

5D3_1882

次に、株式会社FinShotの木下様より『Ready:Q』について実演も交えてご紹介いただきました。
『Ready:Q』は、ライブコマースとオークションを合わせたサービスで、特徴としてはライブ配信とオークションを終えるタイミングをそれぞれ選ぶことができる点です。ライブ配信を終えてもオークションは続行することができたり、逆にライブ配信は続行したまま次のオークションを始めたりすることも可能です。多くの方がライブを視聴してくださっている時に、そこでやめてしまうのはもったいないですもんね!ライブ配信中に入札されるので、実際のオークションのようなドキドキ感も楽しめそうと感じました。

 

■「中国のライブ配信事情と、ECトレンドの最先端“人格EC時代”とは!?」
STARP株式会社 代表取締役 渡邊裕馬

5D3_1898

『LiveKit』を提供するSTARP株式会社。今回は中国のライブコマース市場についてお話いただきました。
中国ではITの急激な進歩や、ライブコマース・投げ銭事業の発展によりKOLという新しい職業(日本でいうインフルエンサーやYouTuber)が生まれたとお話がありました。今までのようなECサイトに出店したらモノが売れる時代ではなくなり、KOLの存在が重要で“人格EC時代”に移ってきているそうです。商品そのものの価値よりも“配信している人”への憧れから購入する人が増え、配信者を誰にするかが商品の売れ行きに影響を与えます。また、それぞれ独自の世界観をもって配信しているので、その世界観や配信者の好みに合わせた商品にすることも大事なポイントではないかと感じました。

 

■「企画かいぎ」ライブコマース配信実演
地域発信ライブコマース新チーム じょにー・おっつー・なかどん

5D3_1912

東京都調布市で結成された地域発信ライブコマースの新チーム『ジョニー・おっつー・なかどん』による『企画かいぎ』のライブコマース紹介動画が配信されました。今回の登壇者の中で唯一ライブコマースをプレイヤーとして取り組むチームです。
株式会社LockUP 代表取締役社長 長尾様より、『企画かいぎ』では今後「紗ら+(さらさら)スタジオ」をライブ配信スタジオとして使用するそうですが、なんとライブ配信を行う一般人、インフルエンサー、さまざまな商品を扱う作家さんなども活用できるようにしていくそうです!ライブコマースで物を売ることや、プロモーションを行う垣根が低くなるよう取り組んでいらっしゃいました。

 

■「中国のライブコマース好況を支えるプラットフォーム」
SBクラウド株式会社 技術統括部 技術部 部長 奥山朋

5D3_1944

第三のパブリッククラウドと称される『Alibaba Cloud』。
中国で年に1回開催されるECサイトのバーゲン「独身の日」では、1秒間に何万件も商品が購入され、かなりの売上があがる日だそうです。そのような売上が集中する日でも、ECサイトのニーズをシステムで支えた実績があるとのことで、本日はライブコマースというビジネスを“システム”で支える『Alibaba Cloud』のサービスについてご紹介いただきました。

 

■「知識と心を交わす ハーベストキュー」
株式会社HarvestQ シム ヨンジュー

5D3_1953

『ハーベストキュー(HarvestQ)』は、クイズを通して様々な知識や教養を身につけることができるモバイルサービスです。クイズを解くとコインを獲得することができ、そのコインを寄付することで社会貢献も可能なサービスです。当日は会場にいる皆さんで『ハーベストキュー(HarvestQ)』のクイズを解いてみました!私には難易度が高かったのですがw豆知識も増え楽しみながら社会貢献できるサービスって素敵だなと感じました。

 

■「メルカリ流 ライブコマース最前線」
株式会社メルカリ 事業開発部 石川佑

5D3_1960

フリマアプリ『メルカリ』のライブフリマ機能『メルカリチャンネル』について、事例を元にお話しいただきました。
『メルカリチャンネル』では、スマホ1台でどこでも簡単にライブ配信が可能です。配信者をプロやインフルエンサーではなく従業員が行った事例や、石川様からの「ライブコマースは難しくない、やってみよう!」というメッセージを聞いて、自分が思っているよりもライブコマースという分野に慎重になっていたことに気づきました。誰でも気軽にライブ配信できるようサービスを工夫されているので、今後活用していきたいと思いましたし、皆さんの事例も引き続きチェックしていきたいと思いました!

 

■パネルディスカッション
株式会社Candee 鍛治良紀・STARP株式会社 渡邊裕馬・株式会社メルカリ 石川佑
モデレーター:ライブコマース推進委員会 長尾純平

5D3_1997

今回のパネルディスカッションは、長尾様のフェイスブックページでライブ配信を行い、質問をそのライブ配信上のコメント欄で受付、パネラーがその場で回答していく形で進行しました。質問内容をコメント欄に書き込むという方法が皆さん気軽に行いやすかったのか、たくさんの質問やコメントが寄せられました。
パネラーの方が思うライブコマースの魅力や、ビジネス的な観点から見たライブコマースの本質、導入するメリット、KOLの配信状況等お話いただき、時間があっという間に過ぎてしまいました!

 

■懇親会

IMG_3667

講演の後は登壇者の方やご来場者の皆様との懇親会を開催!
素敵なお料理とお酒も入り和やかな雰囲気の中、皆さん交流ができたのではないでしょうか?^^

IMG_3664

今回のカンファレンスでは各社ブースを出展しており、ご来場者の方と直接会社や商品についてお話する機会を持つことができました。ご挨拶させていただいた企業の皆様ありがとうございました!

■最後に

当日はなんと約300名の方がいらっしゃり、大盛況のカンファレンスになりました。ご参加いただいた方々の熱量もとても高く、皆さん一語一句聞き漏らさないようにメモを取る姿が印象に残っております。
ライブコマース市場を学ぶことだけでなく、ライブコマース市場の盛り上がりを肌で感じることができるカンファレンスでした。今後の動向にも注目していきたいと思います!
それではまた~(^_^)/~