SEO(検索エンジン最適化)でアクセスを増やそう 第3回

SEO(検索エンジン最適化)でアクセスを増やそう 第3回

梅木千世です。
3回に分けて最近のSEO施策について紹介しているこのシリーズも、いよいよ今回が最終回になります。
最終回の今回は、モバイルフレンドリー対応などに触れていきます。

モバイルフレンドリーに対応する

モバイルフレンドリーとは、スマートフォンでの閲覧に適したページかどうかを評価する考え方で、これに対応していない場合はSEO的に不利となります。

スマートフォン対応をするには、いくつか方法があります。

  1. Apache(サーバにインストールされているミドルウェア)でUserAgent(端末の種類)を判別して表示を切り替える
  2. HTML上のJavaScriptでUserAgentを判定して、それぞれに適したCSSを表示する。あるいはスマートフォンページに転送する。
  3. cssでウィンドウサイズを判定して、それぞれに適したCSSを表示する。

そのサイトにとってどれが最適であるかは、サイトの性質によって異なります。

例えば、PCとスマートフォンでコンテンツが大きく異なる場合には、Apacheで判別した方が良いでしょうし、ページの内容は一緒でレイアウトを変えたい場合には、cssで判別する方が適していることがあります。

WordPressの場合、cssで判別するレスポンシブデザインを採ることが多いと思います。
PCサイトとスマートフォンサイトに分けて作るよりも更新が楽ですし、HTMLが同一のため、同じ内容のサイトがPC、スマートフォンと重複して存在する可能性が無くなります。
PC←→スマートフォン間のリダイレクトによるエラーも起きないので、これだけでも有効だと思います。

hidden(隠し要素)についての注意

かなり古い話ですが、ターゲットキーワードを背景と同じ色にして大量にページに記載する、という古典的なSEOがありました。
現在のGoogleでは、偽装目的の隠しテキストや隠しリンクが含まれていると判断されたサイトはペナルティを受けます。
しかし、SEOを目的にレスポンシブデザインで作成しようとすると「スマートフォンでは必要だけどPCでは使わない要素」あるいはその逆というものが出てきます。
例えば「電話をかける」ボタンはマーケティング上で重要な要素ですが、PCには要りません。
逆に、PCのヘッダーがカルーセルになっていたとして、デザイン上の理由でスマートフォンでは邪魔になる事も多々あります。

そこで使うのが、
「PCの時は消す(見えない)」もしくは「スマートフォンの時は消す(見えない)」というcssの指定です。

  • visibility:hidden;(要素はあるけど隠されている)
  • display:none;(ブラウザはその要素を読まない=存在しない)

という2つの指定を使い分けます。
使い方の例として、SEO目的でターゲットキーワードを文脈に関係なく大量に書き込んでhiddenしてしまうと、おそらくペナルティを受けることになりますが、PCのメインイメージは、PCに最適なデザインなのでスマートフォンではnoneにする、逆にスマートフォンでのメインイメージはPCではnoneにする、というような使い方はOKです。

アコーディオンについての注意

jQueryが普及してから、アコーディオンメニューが手軽に設置できるようになったと思います。
ボタンを押すとその下に子メニューが伸びてくるメニューですが、クローラーにとってはそのページが開かれた時にビュー(表示)されているものが重要なので、アコーディオンの中にしまわれていたものはあまり読みません。
重要な内容はアコーディオンの外に置くのが良いでしょう。
スマートフォンサイトでよく見かける三本線のメニューボタン(ハンバーガーと呼ばれます)も、平時では隠されていることになるので、ハンバーガーアイコンの使用には注意が必要です。

Flashについての注意

現在、クローラーはFlash(swf形式のファイル)の中のテキストも読んでいるそうです。
とはいえフォント情報のみで、画像データの中の文字が読めるわけではなく、シンボル化したものの解読も難しいのではないかと思います。
Flash自身、iOSでは標準で読めないなどの制限がありますので、表現上どうしてもFlashが使いたい、という場合をのぞき、使いづらくなってきています。

AMPへの対応

これは電通デジタル様とのお話の中で、今回から設置することにしたものです。
AMP HTMLと言う、モバイル端末で高速表示ができるようにするためのフォーマットです。
このフォーマットに沿ってモバイル用ページを制作すると、スマートフォンでは(データが軽いため)高速で表示させることができ、読み込み時間が改善されます。
これに対応すると、そのサイトがGoogle検索結果でカルーセル(検索結果の上部)に表示される可能性があるので、そこからの流入を期待することができます。
その結果として、おそらくはSEOに効果があるだろうと言われているそうです。

WordPressであればAMPを生成するプラグインもありますが、今回は意図どおりのコードにしたいという理由で、スクラッチで用意することにしました。

AMP対応

比較的専門的なSEO施策

今回のサイトでは使用していませんが、SEOの視点から検討に入れるべき要素がいくつかあります。

日本語ドメイン

日本語ドメインだからSEO的価値が高い、ということは無いですが、日本語である事によって見た人間に対して印象が強くなる、ということはあるでしょう。
ただし、日本語ドメインをSNSシェアする時などでは、ドメインが正しく認識されず、ピュニコード(Punycode)に変換されてしまう場合が多いです。

また、日本語ドメインというからには日本語を使用する人にのみ便利なもので、日本語を母語としない人にはむしろ不親切となります。

日本語ドメインの例

マルチドメイン設定

商品名をドメインにしておくという手段もあります。
例えば大手のスマートフォンメーカーでは、ブラウザのURL欄に商品名を打ち込んで「.com」をつけたらメーカーサイトに転送されることがあります。
「(商品名).com」をサーバに設定し、アクセスはメーカーサイトに転送する流れを作ることで、商品名で検索したユーザーを誘導できる可能性が高まります。

しかし、前述した日本語ドメインを使っている場合、マルチドメイン設定を行っているとSNSシェアをされた場合にPunycodeに自動で変換されず、ユーザーがクリックしても表示されない、というようなことが発生します。
マルチドメイン設定のできるサーバであれば、通常の英数字のドメインも設定し、シェアされるボタンには、通常の英数ドメインを設定しておくと無難です。

プレスリリースの活用

これもまた古典的な話ですが、無料でプレスリリースを配信するようなサイトも有効ではないかと思います。
ここからのリンクそのもののSEO的な価値は不明ですが、流入があり、内容によっては他サイトへの転載や、閲覧した会社からアプローチが来る可能性もあるので、無料のものであってもSEO的には掲載した方がよいと考えています。(もちろん、ブランディング上利用しないという判断もあります。)

SEOのビジネス価値

最後は、SEOによるビジネスの価値について少しお話しします。

SEO施策を行う際は検索順位だけを目的にしがちですが、Webサイトには必ず何らかの目的があって、手段の一部としてSEOがあるはずです。
検索順位は上がったけど商品は売れない、広告価値も無いというのではもったいないですし、外部リンクを作るより先にフリーダイヤルを導入した方が有益、という場合もあります。

また、マーケティングと無関係に、顧客にならないアクセスが増えても収益になりません。
収益に繋げるには、サイトの目的と顧客を絞って、流入に導くターゲットキーワードを設定する必要があります。
キーワードを設定するには自社の商品だけではなく、顧客となるユーザーの特性も想定する必要があります。

  • 男性or女性
  • 年齢はどの層か
  • 使っているデバイスは何か
  • どんな仕事をしていていて、何時ごろにインターネットを見るのか
  • サイト内でまず最初に見る情報は何か
  • 商品を選ぶ時はどのページを見比べるか(事例ページや、購入者の声ページが重要になるケースも多いです。)

ここから導かれるユーザー像は、SEOだけではなく、ページの更新やレイアウト構成にも活用できます。

何時ごろにインターネットを見るかは更新時間の参考になりますし、
デバイスが何かでターゲットブラウザが変化します。
ユーザー属性によってサイトのトーン&マナーも変わります。

SEOは、検索順位ありきではなく、まずはサイト(ひいては会社のビジネスモデル)の目的ありきで、顧客となるユーザー像に沿った施策を考える必要があります。

梅木千世でした。

梅木千世(うめき・ちせ)
取得資格
・Google AdWords認定資格(検索広告/ディスプレイ広告)
・Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格Google AdWords認定資格

*株式会社D2Cソリューションズは2016年10月1日に株式会社D2C dotへと社名を変更しました。