新人ディレクター平野の初体験~デバッグ編~

新人ディレクター平野の初体験~デバッグ編~

こんにちは。はじめまして。

ディレクション部の平野と申します。

ディレクション部には今年の1月に配属されたばかりの、もっともフレッシュなメンバーです。(それ以前はずっと営業事務のお仕事をしていました。)

さっそく様々な案件を任せてもらってはいるものの、とにかく初めてのことだらけで勉強の日々。

そんなわたしが仕事を通して学んだことを、「ディレクターってどういう仕事だろう?」と思っている方々にお伝えしていければいいなあと考えています。
さて、今回の平野の初体験は…

「ゲームアプリのデバッグ」

です!

DSC_0084

 

「平野ちゃん、ゲームアプリのデバッグ作業、手伝ってもらえる?」

「デバッグってなんですか?」

仕事の依頼をしてくれたSさんに問い返すと、Sさんは笑顔で答えてくれました。

「とにかく2~3時間、ただゲームをしていればいいよ」と。

わあ! 仕事中にただゲームをしていればいいなんて! 素敵!わたしは一も二もなく、デバッグをお手伝いすることにしました。
 

◆実際にデバッグやってみた

デバッグ作業を行っているという部屋に行ってみると、まず最初に一枚の資料を手渡されました。

debaggu

なにこれ細かい!

(写真はデバッグ表の極一部。詳しくはお見せできませんが、とにかく細かく、かつ、長いのです・・・!)

「この項目すべて問題なく動作するか確認してください」

「えっこれぜんぶ…?」

「全部です」

Sさんはきっぱりと言い放ちました。

手元の資料とSさんの顔との間で何度も視線を往復させましたが、状況が変わることはなさそうです。

それにしてもこの確認項目、とにかく細かいのです。
いえ、細かいという言い方は正確ではありません。
ゲームアプリに存在するすべての操作が書き出されています。

「あと、ここにあるすべての端末で確認してください」

「えっこれぜんぶ…?」

「全部です」

DSC_0082

おまけに、ユーザーが使用するであろうすべての端末で、問題なく動作するかどうか確認しなければなりません。

 

仕事中にゲームしていいなんてラッキーだと思ったら、
意外と大変そうだぞ、デバッグ……!

 

ではでは、さっそく作業開始です。

DSC_0088

ひとつずつ、項目を確認しながらプレイしていきます。

もくもく…

1

もくもく…

DSC_0087

もくもく…

DSC_0094

あー……

しんどい。

しかも、このゲーム、めちゃくちゃむずかしい!

確認したい項目があるのに、クリアできないため、なかなか目的の操作までたどり着けません。

けど、このむずかしさ、癖になるかも。

その後、3時間みっちりとゲームをプレイし続け、なんとかデバッグ作業を終えることができました。
 

◆そもそもデバッグって?

デバッグ:

コンピュータプログラムや電気機器中のバグ・欠陥を発見および修正し、動作を仕様通りのものとするための作業

とwikipediaにはあります。

デバッグをせずにアプリを配信すると、バグだらけのアプリをユーザーがダウンロードすることになるかもしれない……これは恐怖です。

ユーザーが不愉快な思いをしないためにも、デバッグは欠かせない工程。

バグはどこに潜んでいるかわからないため、チェック項目はすべての操作を網羅しなくてはいけません。つまり、開発したアプリの仕組みをきちんと理解していないと、適切なデバッグはできないわけです。

たとえば、今回の作業を通じて、ふだん何気なく使っているアプリにも、トップページ→コンテンツページというように、階層が存在することに気が付きました。そのため、すべてのページで行われる操作を洗い出すためには、そもそもどういうページが存在し、どういう階層構造になっているのか、そういうことを把握している必要があるようです。

デバッグのチェック項目をすべて洗い出せるか否かでディレクターの力量があきらかに……!?

あの細かい表を作成したSさんに改めて敬意。

ということで、今回は細かくて大変なところもあるけれど、アプリがどういう構成になっているのかを学びつつ、なんだかんだゲームも楽しめちゃうデバッグ作業を初体験してきました!

次回、さらに成長した(しているはず)の平野ブログをお楽しみに。

D2Cソリューションズでは下記の職種について募集中です。
興味をもたれた方は、ぜひ下記の求人情報をご覧ください。
Webデザイナー
フロントエンドエンジニア
「radiko」開発プロジェクトマネージャー
*2016年2月現在の情報です。
*ご覧にいただいた時点で募集が終了していた場合にはご容赦ください。

 

*株式会社D2Cソリューションズは2016年10月1日に株式会社D2C dotへと社名を変更しました。